重要と供給のバランスが合わない。。


毛量矯正・フレンチカットグランを導入されている店は実感されていると思いますが、

重要と供給のバランスが全く合わないのがこの毛量矯正・フレンチカットグランの特徴。。

いいのか悪いのか。。

導入されると、即集客を始める店が多いと思いますが、結果はどうでしょう??

集客の仕方がきちんとできていると仮定すると・・・

今までと考えられないくらいの問い合わせが来ると思いませんか??

メンズしかお客様にいなかった神戸の床屋さんは、導入後2500人が新規できたり、

既に50年以上の老舗店でもいまだに毎月10人以上の新規が来たり

、さらにいうと、講習で各地に行っても、

いつも美容師さんの数よりモデルさんの方が多く集まる (爆)

沖縄や福岡など、普段はあまりいられない地域で講習をするのに、

ちょこっとブログや掲示板で募集すると、一瞬で募集人数が集まる。。

先日の福岡講習でも、モデル募集の案内したその日に募集人数の倍以上の人から問い合わせがあり、写真オーディションまですることができたり。。

神奈川で毛量矯正の臨店講習する時も、告知したら、その5分後には見つかるという。。

つまり、需要がすごく多いのです。

髪が多くて、

癖があって、

変に梳かれてパサパサで、

などでまとまらないという悩みを抱えているお客様が、後を絶たないくらいいるということです!

全国でもしかり。

では、その悩みを解消できる美容師さんはどれくらいいるのでしょうか??

美容師側はどう思っているか知りませんが、現実には多くの人が、悩みを解消することができなかった。。

と言うことです。

うちの店も、今でも遠くの方がはるばるやってきます~

近くに、フレンチカットグランをできる店がないから!!

という理由で。。

はっきりいって、供給の方が全く追いついていない感じです。

今現在フレンチカットグランを効果的に使っているお店は、これ以上お客様を増やせない。。というところも多く出てきています。。

ぜひ、まだまだ沢山いる、髪の悩みを持つお客様の悩みを解決する理美容師さんが増えてほしいですね!

講習の日程 (講師会含む・順次更新します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>