【フレンチカットグラン】失敗とは??


【フレンチカットグラン】失敗とは??

 

今でも多い検索のキー^ワードは

 

「フレンチカットグラン 失敗」 です。

 

フレンチカットグラン 失敗 

から引用!!

 

「フレンチカットグラン 失敗」

 

このキーワード、2年くらい前までは、このブログもこのキーワードでよく検索されていた。

 

今は。。。

 

 

髪減らしの匠 Ryo オフィシャルHP

http://kamiherashinotakumi.net/

 

フレンチカットグランで記事を書く人が何十倍にもふえたので

 

ほとんどこない(爆)

 

まあ、実際に検索かけてみれば理由はわかると思うがww

 

最近は本当に「フレンチカットグラン」の記事をよく見かけるし、一般のかたのブログでも見かける。

 

おいらのユーチューブも7か月で1000回の動画も出てきて、全部で3500回に届くくらい見られている。。

 

話を戻して・・・

 

このキーワードが検索に上がるということは、大まかに二つの原因があると思う。

 

その一つは

 

美容師さん・お客様ともども、事前に調べる!!

 

お客様はもちろんどういうことされるのか??

 

美容師さんは・・・

 

今の時代は検索すればたいていの口コミが拾える。

 

食事行くときだって、病院だって、事前にどんなんかな~~って調べていくことが普通になってきている。

 

で、ネット上のフレンチカットグランの口コミってどうだろう??

 

実際に

 

「フレンチカットグラン 失敗」

 

 

で検索してみるといいと思う。

 

 

他にも2CHみたいな掲示板でも検索してみるといいのではないかな??

 

 

 

で、もうひとつ考えられるのは実際に

 

 

 

「失敗した(された)」と感じて検索してみた・・・

 

 

のどちらかが多いのカナ??

 

 

まあ、どちらかか、その他かはわかりえないので追及はここまでしかできないが。。

 

 

で、最近伝道師講習とかも始まったり、実際に導入している人のカットも見る機会が増えました~

 

 

さらに、どこどこでフレンチカットグランしてきたんですけど。。て言ってくるお客様・・

 

 

というのもたま~~にあります。

 

 

得てして感想なんですが・・・

 

 

手触りが違うんです。。

 

 

同じ道具で、それなりにカットのキャリアがある人同士でも仕上がりがちがかったりする。

 

 

本当は違う風にはなりにくいのですが。。(薄くするだけなら。。)

 

失敗しにくいカットであるのは間違いないのだが、どうしてそうなっているのか??

 

もしリターンが少ない(90%以下)なら、もう一度見直しみてはいかがでしょうか??

 

自分は、梅野先生の講習を10回近くみましたし、今年になっても、葉山の梅野先生の店まで行って、実際に技術確認もしております。

 

おいらの場合は、「武器」であり「売り」ですからマメに技術確認を行っております。

 

もちろん教えているということもありますが、その都度初心に戻れます。

 

フレンチカットグランを売りにしている人、これで集客や武器にしている人は

 

特に定期的に技術チェックをする事をお勧めします!!

 

もちろんおいらは横浜までモデル同伴で来てくれれば無料でチェックします!

 

あとは各地で行われる「講師会」の講習に行くのもお勧めです!!

 

特に、手の感触でつかんでください!!

 

 

手の感触で密度の具合、切り口の違いによる毛先のダメ―ジ処理!!

 

 

なんの技術でもそうだと思いますが、「方法」はそれなりに実績を出しているのでいいと思う!!

 

でも、ある程度のクオリティーを保つなら、技術チェックや練習は当たり前だと思う!!

 

道具はとてもいいものです!! そのポテンシャルに多いに頼っていいと思います!!

 

これからはもうチョイ技術チェックに力を入れたいですね~~

 

まずは気軽に講習問い合わせを
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

講習問い合わせ・申込はここをクリック

【重要記事】
【ファン客がどんどん集まる】を実現する毛量矯正マスター講座

 

まずは一度話を聞いてみたい方は ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【無料】スカイプカウンセリング

 

髪減らしの匠 オフィシャルHP 

メルマガ解除URL %DELETE%

メールアドレス変更URL %CHANGE_MAIL_ADDRESS%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>